スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑

Vertex RAID0

Vertexがついに到着。早速RAID0で組んでみた。
Vertex


ICH9Rでストライプサイズは4KBでRAIDアレイ構築後、OS入れてFFやらアプリいれた後の結果。ファームは1199。4KBは少し小さいかなとか思いながらもまぁなんとなく。

CPU:E8500@4.085GHz
M/B:Asus P5K-E/Wifi-AP ICH9R(SATA RAID 4KB)
Mem:DDR2-800@860(430MHz) 1GB*2
OS :XP Pro SP3 32bit

CDM100MCDM1000M


RandomWriteの高いこれでFFやった感じだとRaptorのRAID0より若干描画が早くなった感じ。FF11は、帯域制限というボトルネックポイントがでかいので、何とも言えないけど限界に近いレベルでは使えてると思われます。(HDDではゴリゴリ煩かった所が早くなる感じ/しかも無音)
#でもぶっちゃけFFは500GB/プラッタのHDDのRAID0でも全然いいと思う。

一番大きいのは無音になった事。後、アプリとかタブブラウザとか開く速度はかなり早いです。またRaptor(10,000rpm)×2本と比べると電力消費量も低減出来る為、かなりEco。SSDの特性は素晴らしいんだけど、既知のリスク(全領域使用後のWrite低下)を考えるとあまり詳しくない人には勧めれるモノではないかなぁという見解だけど、理解してる人が使う分にはアリかなと思ってます。これからファイルシステムやOS側でSSDの最適化が施されていくとは思うんですが、空き領域のSSD用デフラグやゼロフィルがもっと気軽にできるようになると一気に普及しそうなんですけどね。。

▼速度低下した Intel X25-M を回復させる方法
http://aquila.ddo.jp/~totto8492/?q=node/343

### 2009/03/23 追記 ###
デバイスマネージャから"ディスクの書き込みキャッシュを有効にする"のチェックを外して再度計測
CDM100M(disk cashe off)CDM1000M(disk cashe off)

・・・と思い立ったのもVertex30Gはどうも他の60GBや120GB版と比べRW4Kが若干遅いような気がしていて(それでも十分早いけど)考えられる原因を探ってる状況です。4K単位はほぼ単機もRAID0でも変化はないみたいなので、60GBか120GBを1発ってのがよいかもしれませn。。。今更だけど。ちなみにストライプサイズも64KB辺りが一番パフォーマンスよいものがあったり、4KBがよかったりとバラバラでちょっと意味不明です。NANDフラッシュの型番が違うとかいう情報もあるのでその辺かもしれませn。

▼OCZ Vertexの30GBは遅い?
http://nueda.main.jp/blog/archives/004270.html



### 2009.05.10追記 ###
1ヶ月半くらい使用した後のベンチ。とりあえずまだ劣化なし。
CDM_20090510

23:58:14 | PC | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<石の見る夢の報酬 | ホーム | 振り向けば…>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://onioncafe.blog110.fc2.com/tb.php/216-129d1cf6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。