スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑

タバコミュニケーション

たばこをやめて一番痛手だったことが、コミュニケーションの機会を一つ失ったことです。

昔からタバコミュニケーションとか言われるほど喫煙所では様々な情報交換が行われており、息抜きの場所であることから内容も職場では言えないことも多く、思わぬ本音が聞けたりします。またそこから生まれるビジネスも多かったりします。。。というか個人的には多かった!営業ではなくてもそこで仕事が取れたりとかザラでした。
あとは上長がたばこに出るタイミングを狙って同行してagreeを取ったりだとか姑息な真似も。。

たばこって営業のゴルフに近いもので一種の「武器」なんですよね。
なので吸わなければ吸わないでいいんだけど、実際やめちゃうと知らぬ合間にアドバンテージ喰らってる事をひしひしと感じます。営業のゴルフも深いですね。根底にある「ビジネスとは離れたステージで共通目的を持ち相手に接近して互いを知る」って辺りはまさに一緒だなぁって感じます。たばこはゴルフより自然に近づけますし。

まぁビジネスだけではなく、コミュニケーション全般において共通の話題があるという事は強みで、喫煙所で見つけた素敵な女性も、火を借りるだけで一気に近づけます!フツーに歩いてるところを声かけるより確実に難易度低いですね。しかも超自然。
この一気に距離を縮めてくれる共通目的ってのは元から用意されているか自分で作るしかないので、そういった意味で武器は多めにある方が生きて行く上で有利だなぁと感じたりします。というのも自身が喫煙所で仲良くなった経験が多く、しかも長い付き合いのトモダチが多いのです。たばこ吸ってなかったらこの出会いはなかったなぁなんて思うと変な話、吸っててよかったなぁって思えます。

良い事尽くめに好き勝手言ってますが、そもそも根本的にたばこが嫌いな人からは排除される対象かもしれません。笑
近年、国を挙げて禁煙が推進されてて、今や喫煙者ってどちらかというと悪者扱いじゃない。このままだと喫煙者は絶滅して、数十年後は「昔は、タバコミュニケーションという文化があってだなー・・・」みたいなことを語ってるかもなぁーとか思います。
17:36:38 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<No.1355達成 | ホーム | 回避雪加>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://onioncafe.blog110.fc2.com/tb.php/423-38899228
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。