スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑

intel X25-M SSDSA2MH080G2C1@02HD

intel X25-M SSDSA2MH080G2C1@02HD
--------------------------------------------------
CrystalDiskMark 2.2 (C) 2007-2008 hiyohiyo
Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
--------------------------------------------------

Sequential Read : 259.196 MB/s
Sequential Write : 86.853 MB/s
Random Read 512KB : 174.532 MB/s
Random Write 512KB : 88.877 MB/s
Random Read 4KB : 24.236 MB/s
Random Write 4KB : 59.539 MB/s

Test Size : 1000 MB
Date : 2009/12/07 1:32:30
01:38:15 | PC | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

HDL-GS 1TB換装

HDL-GS

HDL-GS250を買ってみました。ioplazaのアウトレットで\4,500位。
http://www.iodata.jp/product/hdd/lanhdd/hdl-gs/index.htm
250GBのNAS買って1TBに換装すればワザワザ数万も出さずに1TBのNASが手に入るんじゃね!?・・・という算段。
#実際そんな単純じゃないけど。。

まずは、Acronis True Image Homeで元HDD(250GB)から新HDD(1TB)にクローン化します。・・・がこのソフト、パーティションサイズを任意に設定する部分がセクタ単位ではなくバイト単位でちょっと複雑かといって自動におまかせにすると全てのパーティションを広げやがる。。。言い例えると、設定方法が手動か自動しかなく、その中間(自動で設定してから手動で微調整)ができないんです。なのであまり使い物になりません。。とりあえずこのソフトでクローン化した後、knoppixで新HDDの拡張領域を広げることにしました。

knoppixのサイトからisoを落としてCDに焼いてknoppixでboot
knoppix起動後、コンソール開いて su

==============================================

認識してるHDD一覧を表示
# fdisk -l
→/dev/sdbと判明

fdiskでパーティションの設定をする
# fdisk /dev/sdb

パーティション一覧を表示
Command (m for help): p

Disk /dev/sdb: 1000.2 GB, 1000204886016 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 121601 cylinders
Units = cylinders of 16065 * 512 = 8225280 bytes
Disk identifier: 0x7b19e28b

Device Boot Start End Blocks Id System
/dev/sdb1 * 1 40 321268+ 83 Linux
/dev/sdb2 41 91 409657+ 83 Linux
/dev/sdb3 92 353 2104515 82 Linux swap / Solaris
/dev/sdb4 354 30395 241312365 5 Extended
/dev/sdb5 354 379 208813+ 83 Linux
/dev/sdb6 380 30395 241103488+ 83 Linux

sdb4のパーティションを削除(これで5,6も消える)
Command (m for help): d
Partition number (1-6): 4

パーティション4作成(拡張領域)
Command (m for help): n
Command action
e extended
p primary partition (1-4)
e
Selected partition 4
First cylinder (354-121601, default 354): 354
Last cylinder or +size or +sizeM or +sizeK (354-121601, default 121601): 121601

パーティション5作成(論理) ※354-380を割り当てる
Command (m for help): n
First cylinder (354-121601, default 354): 354
Last cylinder or +size or +sizeM or +sizeK (354-121601, default 121601): 379

パーティション6作成(論理) ※残り全てを割り当てる
Command (m for help): n
First cylinder (380-121601, default 380): 380
Last cylinder or +size or +sizeM or +sizeK (380-121601, default 121601): 121601

パーティション一覧を表示
Command (m for help): p

Disk /dev/sdb: 1000.2 GB, 1000204886016 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 121601 cylinders
Units = cylinders of 16065 * 512 = 8225280 bytes
Disk identifier: 0x7b19e28b

Device Boot Start End Blocks Id System
/dev/sdb1 * 1 40 321268+ 83 Linux
/dev/sdb2 41 91 409657+ 83 Linux
/dev/sdb3 92 353 2104515 82 Linux swap / Solaris
/dev/sdb4 354 121601 973924560 5 Extended
/dev/sdb5 354 379 208813+ 83 Linux
/dev/sdb6 380 121601 973715683+ 83 Linux

保存する
Command (m for help): w
The partition table has been altered!

Calling ioctl() to re-read partition table.
Syncing disks.

fdiskでパーティション情報を確認する
root@Microknoppix:/home/knoppix# fdisk -l /dev/sdb

Disk /dev/sdb: 1000.2 GB, 1000204886016 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 121601 cylinders
Units = cylinders of 16065 * 512 = 8225280 bytes
Disk identifier: 0x7b19e28b

Device Boot Start End Blocks Id System
/dev/sdb1 * 1 40 321268+ 83 Linux
/dev/sdb2 41 91 409657+ 83 Linux
/dev/sdb3 92 353 2104515 82 Linux swap / Solaris
/dev/sdb4 354 121601 973924560 5 Extended
/dev/sdb5 354 379 208813+ 83 Linux
/dev/sdb6 380 121601 973715683+ 83 Linux
==============================================

データ領域拡張できたらshutdown -h nowで落として新HDDを取り外してNASに組み込み、後はWebUIで設定。この時点でディスク領域は250GBしか表示されていないけど、フォーマットかけたらちゃんと973.58GBになりました。このディスクを更にイメージ化しておけばディスク飛んだ時の復旧が楽そうです。丸ごとイメージ化しておけば復旧簡単だけどデータ領域分が膨れそうなのでそれ以外だけのイメージ化でもよさそうです。

sdb5がちょっと心配だったので念の為、両disk繋いでknoppix上で確認。比較。

root@Microknoppix:~# mount /dev/sdb5 /mnt/sdb5

root@Microknoppix:~# ls -la /mnt/sdb5/
total 132
drwxr-xr-x 10 root root 1024 2008-09-19 11:14 .
drwxr-xr-x 13 root root 0 2009-12-06 00:47 ..
drwxrwxrwx 5 root root 1024 2008-09-19 11:13 .c4
drwxrwxrwx 2 root root 1024 2006-04-18 23:23 .update
drwxr-xr-x 3 root root 1024 2008-09-19 11:13 dmsf
drwxr-xr-x 3 root root 1024 2008-09-19 11:13 dmsf_data
-rw-r--r-- 1 root root 113192 2007-08-28 14:32 dmsf_data.tar.gz
drwxr-xr-x 2 root root 1024 2008-09-19 11:18 factory_log
drwx------ 2 root root 12288 2008-09-19 11:13 lost+found
drwxr-xr-x 2 root root 1024 2008-09-19 11:18 mt-daapd
drwxr-xr-x 4 root root 1024 2008-09-19 11:13 samba

あったあった。まんまそのまま存在してました。

ちなみにsdb1とsdb2はこんな↓感じ。

root@Microknoppix:~# ls -la /mnt/sdb1/
total 3784
drwxr-xr-x 5 root root 4096 2008-09-19 11:14 .
drwxr-xr-x 13 root root 0 2009-12-06 00:47 ..
drwxr-xr-x 3 root root 4096 2008-09-19 11:11 .landisk
drwxrwxrwx 2 root root 4096 2006-04-18 23:22 .update
drwx------ 2 root root 16384 2008-09-19 11:11 lost+found
-rw-r--r-- 1 root root 2039411 2007-10-31 20:24 rd.gz.gs
-rw-r--r-- 1 root root 1794796 2008-06-24 11:05 zImage.gs

root@Microknoppix:~# ls -la /mnt/sdb2/
total 46
drwxr-xr-x 19 root root 1024 2008-09-19 11:13 .
drwxr-xr-x 13 root root 0 2009-12-06 00:47 ..
drwxr-xr-x 2 root root 2048 2008-09-19 11:13 bin
drwxr-xr-x 2 root root 1024 2006-10-31 03:02 boot
drwxr-xr-x 4 root root 12288 2008-09-19 11:19 dev
drwxr-xr-x 56 root root 3072 2008-09-19 11:18 etc
drwxr-xr-x 2 root root 1024 2006-10-31 03:02 home
drwxr-xr-x 2 root root 1024 2007-07-13 16:18 initrd
drwxr-xr-x 9 root root 3072 2008-09-19 11:12 lib
drwx------ 2 root root 12288 2008-09-19 11:11 lost+found
drwxr-xr-x 2 root root 1024 2007-07-13 16:18 media
drwxr-xr-x 8 root root 1024 2008-09-19 11:13 mnt
drwxr-xr-x 2 root root 1024 2007-07-13 16:18 opt
drwxr-xr-x 2 root root 1024 2006-10-31 03:02 proc
drwxr-xr-x 3 root root 1024 2008-09-19 11:12 root
drwxr-xr-x 2 root root 2048 2008-09-19 11:13 sbin
drwxr-xr-x 2 root root 1024 2007-07-13 16:18 srv
drwxr-xr-x 2 root root 1024 2007-02-22 14:00 sys
lrwxrwxrwx 1 root root 14 2008-09-19 11:13 tmp -> /mnt/tmpfs/tmp
drwxr-xr-x 10 root root 1024 2008-09-19 11:13 usr
lrwxrwxrwx 1 root root 14 2008-09-19 11:13 var -> /mnt/tmpfs/var

・・・まんまdebianでした。
そして・・・軽くググってみたらどうやら色々改造できそうです。
http://www.mizore.jp/wiki/index.php?LANDISK
http://www.saigyo.org/hiki/?HDL-GS+%A5%D7%A5%C1%A1%A6%A5%CF%A5%C3%A5%AF

ひとまず1TB化は成功です。

そういや外したHDDは、ST3250310ASでした。250GB/プラッタの1枚なので恐ろしく静かで低発熱。2年前のHDDなのでベンチみると非凡ですが、個人的にはかなりいいHDDだと思います。SeagateのHDDってもっと評価されていい気がするんだけど、WDのが評価高いですよね。。。WD10EADSを4本持ってるんですが、口コミなんかで評判いい割に結構五月蝿いし、高温だし、Intelliparkはストレスだわでお世辞にもいいHDDだとは言えないんですよねぇ。

18:20:37 | PC | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

TB-BH2/8G

TB-BH2/8Gのベンチ
--------------------------------------------------
CrystalDiskMark 2.2 (C) 2007-2008 hiyohiyo
Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
--------------------------------------------------

Sequential Read : 34.715 MB/s
Sequential Write : 10.067 MB/s
Random Read 512KB : 34.245 MB/s
Random Write 512KB : 2.382 MB/s
Random Read 4KB : 6.529 MB/s
Random Write 4KB : 0.024 MB/s

Test Size : 100 MB
Date : 2009/12/06 13:22:07

10:22:14 | PC | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

OS【バーン】

OS飛ばしてしまいました。Win7がbootしません。
どうやらSSDからマザーへのS-ATAケーブルのコネクタ部分に問題があったようです。S-ATAって元々貧弱なのでコネクタ部分に負担がかかるような事しちゃダメなんですよね。多分write処理途中で断線、そこでフリーズと勘違いした所有者が電プチを実行!とかあんま笑えない状況で起こったんだと思います。

Win7のOS起動時にWin7のCDから復旧を試みたけど×。Windowsのロード後に青画面とかあんま見たくないような状況だったので、直すより早い段階でリカバリする方向にシフトしてみました。

しかし、酔っ払いながら作業やってるとダメですね。。ヘイストかかった状態で作業するので全てが雑です。処理終わる前に他の処理挟んだり、違うOSのドライバ入れてたりとか無茶苦茶な事やったので結果としてまた可笑しなことに。

ようやくFF11にもログインできたんですが、何かの拍子で強制終了喰らいます。このおかげでプリンNMとの戦闘中に強制終了2回も喰らい、再度ログインすると死体だったりとか。ファイルチェックかけると4つ破損。直してもまた同じファイルが破損してると言われる始末で、どうやらインストール後のFF11ファイルコピーに失敗してたようです。

というわけで、FF11は再インスコかけて今度はver.upでファイルを落としてくることにします。



ところでver.upって11月下旬ってハナシじゃなかったっけ・・・?

テーマ:FINALFANTASY XI - ジャンル:オンラインゲーム

10:51:22 | PC | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

ATOK2006@FF11

・突然英数字入力モードにに変わり日本語入力できなくなる件の回避策
ATOK2006

・カーソル位置に入力モードを表示⇒しない
ATOK2006

・TabによるATOKの省入力変換を無効化する
ATOK2006

・画面左上に候補ウィンドウが表示されてウザいです…な件
ATOK2006

テーマ:FINALFANTASY XI - ジャンル:オンラインゲーム

23:58:56 | PC | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。